[ All Along with you ]  a.k.a. [ It's all over with me ]
1. Many a little makes a mickle.
2. It is a long lane that has no turning.
3. Do not put off till tomorrow what you can do today.
Top
音楽至上主義
2004年 07月 10日 *
貴方にとって『音楽』とは?

この問いに対して、人それぞれ、いろいろ想うところがあると思う。
しかし、何度この問いを胸の内で反芻しても、答えは出ない。
当たり前である、この「問い」に「答え」など存在しないのだから...

-----------------------------------------------------------------

数ヶ月前、web上の2つのブログでこんな話題が論争されていました...
(直リンは避けさせていただきます)

■朝飯前。;04/03/30
http://michinao.jp/mt/2004/03/index.html

■音楽至上主義 ;私は学校で、どうも。、論より証拠を~、..
http://i-know-the-rock.cocolog-nifty.com/my_favorite_songs/2004/03/post_6.html

事の概要を簡単に述べると、

「モーニング娘。を中心としたアイドルヲタ宛てに、ミスチル好きな女の子(中学生)が
『何でアイドルが好きなんですか?』
とメールを送った(送りつけた)」

この一通のメールから、議論が始まりました(始まったようです...)


正直、自分宛にこんなメールが来ていたら...
考えただけでも背筋が凍る思いがします。

日記を読んでもらえば分かると思いますが、自分は彼女が好きだという『Mr.children』もヲタさんが好きな『モーニング娘。およびその周辺』のどちらにも関心を持っている、言わば二人の中間にいる人間であります。


自分はこの議論の傍観者であって、参加者ではありません。
よって首を突っ込む資格は無いのですが、皆さんにも見てもらいたい内容なので、この場を借りて自分の意見を少し述べさせてもらいます。

自分は『音楽』とは「メロディと詩の融合体」だと考えています。この二つが揃ってこそ、その歌手(ミュージシャン)の本当の「思いの丈」が伝わるものだと確信しています。

「音符」と「言葉」の集合体に「音楽」という『生命(いのち)』を吹き込むことができる。
それが彼ら、ミュージシャンの最高のスキルであり、最大限の魅力ではないでしょうか?

別に、作詞作曲しない歌手
(≒上記の議論(論争)では暗にジャニーズやモーニング娘。の事を指しています)のことを揶揄するつもりはありません。
実際、自分は彼ら彼女らの歌をよく聞きますし、好んでいます。
彼ら彼女らの曲には、「歌うことですべての思いを伝えよう、表現しよう」という努力を垣間見る事ができます。
それは実に素晴らしことではないでしょうか?

唯、どうしても「他の歌手が歌ったら、この曲、どうなるんだろう?」なんて邪念が頭の中を過ぎるのもこれまた事実です。

長々と書いてしまいました。
最後まで読んでいただき、有難う御座います。
結局のところ、自分は音楽がスキであり、
 
 >貴方にとって『音楽』とは?

今、自分は、この問いに対して、
「答えを見つける(追い求める)必要などない」のだと信じて疑いません。
[PR]

by philboc | 2004-07-10 00:00 | music