[ All Along with you ]  a.k.a. [ It's all over with me ]
1. Many a little makes a mickle.
2. It is a long lane that has no turning.
3. Do not put off till tomorrow what you can do today.
Top
カテゴリ:music( 49 )
*

2006年 03月 02日 *
今更ですが、05'紅白について書きたいと思います。
アバウトに書きましたが、正確に言うと紅白で唄ったSMAPの「Triangle」についての考察です。
Triangle
SMAP 市川喜康 小西貴雄 篠崎隆一 h-wonder / ビクターエンタテインメント ISBN : B000BVXFPU

このブログからも見て分かるとおり、自分は去年一年間で音楽を聴く機会が激減したのですが、「それじゃイカン!せめて紅白ぐらいは生で見ないと」ということでコタツ+みかんで他局と梯子しながら見ていました。

SMAPは03'に「世界に一つだけの花」で大トリをつとめて以来の出演。(04'はCDをリリースしていないなどの理由から出演を断っている)。文字通り「国民的歌手グループ」となっている彼らが再び大トリをつとめることに異論を挟むものはいないであろう。

スキウタアンケート1位ということで「世界に一つだけの花」を第2部の冒頭に全員で合唱。といいつつ、実際メインで唄っていたのはSMAPの5人で実質彼らは紅白で2曲唄ったに等しい形となった。

05'、SMAPがリリースした3曲のCDの中で一番売り上げが少なかったのが11月23日リリースの「Triangle」。ファンの要望によりCD化した事を考えると少し寂しい結果である。過去の通例、そして04'のことを考えると曲目は大トリなら「友だちへ~」、それ以外なら「BANG!~」が妥当であろう。*1

しかし、唄われたのは「Triangle」だった。これには事務所サイドの要望も含まれていたようである。格を考えればSMAPという歌手は一年の最後を閉めるに十分な存在だが、曲の売り上げだけを考えればそれ以前に唄われた(その他の歌手の)曲の方がよっぽど適しているという考え方もできなくも無い。

しかしながら、この曲の歌詞が実にスゴイ。
自由、平和、博愛、身命、継承といったようなkeywordがストレートにコトバにされている。「世界~」が理想論であるとするならば、「Triangle」は現実を直視した歌詞と言えるかもしれない。
そんでこんな壮大な曲を唄うのがSMAPなわけである。

別に唄がうまい訳ではないし、特別な平和活動をしているわけでもない。キムラの「精悍な顔つきで構えた銃は~」のところで手を銃のようにする仕草は『歌詞の本当の意味を汲み取っているのかな?』とか『「BANG!~」と間違っちゃったのかな?』とさえ思ってしまう
(キムラのことだからそこら辺も十分理解してのperformanceだと思うけど)

でも、これだけの曲を唄える(唄って許される、唄って違和感が無い、唄うだけの存在感があるetc...の様様な理由)歌手っていうのは日本には今SMAPしかいないわけで、それを紅白の大トリで披露したというのは実に価値があることだと思う。

歌詞をじっくり眺めると改めてそのスケールの大きさに畏れ入るばかりである。正直、自分如きが批評云々できるようなレベルのコトバではない。Bメロの すべてに満ち足りた 明日の日を 求め彷徨う 亡者の影
破壊でしか見出せない 未来の世界を愛せないよ
なんて一体全体どうしてこんなコトバを歌詞にできたのか?、一遍NHKに特集でも組んでもらいたいくらいである。 個人的には次に日本でサミットが開かれたら、イメージソングはこの曲以外に有り得ないだろうぐらいに思っている。

この曲を評価する時、良曲というより寧ろ問題作といった方が的確なのかもしれない。今の世界情勢、人々の感情をある意味的確に曝け出す歌詞であり、その内容は実に外向きである。比較対照のベクトルは「世界~」なんかじゃなく、もっと別なところにあるのかもしれない。自分の浅い知識だとそれに近いのが「We Are The World」なんだけど...まぁさすがにこの世界の名曲と比べるにはまだまだ役不足だし、こちらとも少しベクトルが異なるんだけど、行き着く先はこの曲に近いものがあるのではないかと今は感じています。

We Are The World: U.S.A For Africa

Various Artists / PolyGram


最後にこの曲を作った人物について。
作詞/作曲・市川喜康
今やMr.childrenの『over』と並び2大失恋ソングの双璧を成すまでの存在になった『オレンジ』やMIJ#9『夏日憂歌』、&Gの『Wonderful Life』などを手掛けた人物。歌スタ!!などにもでているようだけど自分は見かけたことがありません。
吉本興業所属というだけでいろいろな疑問が浮かんでくるのに、更にこの歌詞。一体どんな人物なのだろうか?公式ブログをみても音楽的なことは余り書かれていないことが、逆に興味をそそります。

*1「友だちへ~Say What You Will~」「BANG!BANG!バカンス!」「Triangle」
[PR]

by philboc | 2006-03-02 17:25 | music
2005年 07月 06日 *
お知らせ:本日(7/6)23時より
MOTHER MUSIC RECORDS「 ASIAN-KUNG-FU-GENERATION Over Drive」にて、7月21日発売のBUMP OF CHICKENのNEWシングル『プラネタリウム』が初OAとなります!

その後、深夜1時からのやまだひさしのラジアンリミテッドDXにメンバーゲスト出演するようです。


■レミオロメンの神宮司ブログが6月30日の更新をもって大好評のうち終了となりました。
このブログは、自分や彼らを愛する多くのファンに対して『レミオロメン』の個性とその素顔を余すことなく伝えてくれて、ホントに毎回更新が楽しみで仕方ありませんでした^^
(自分が)この半年で一番聴きこんだアルバムは彼らの『ether』、そして一番リスペクトしていたのが彼らの『朝顔』でした。
05'上半期、Myミュージックアワードの受賞者は間違いなく彼らです。
本当にタダタダ感謝の気持ちで一杯です。

これから楽曲制作に入るとのこと。
非常に楽しみです(いい曲期待してまっせ、藤巻さん!)
6/29には『3月9日武道館ライブ』のDVDが発売になったようなので、(お金がたまり次第)買うつもりです。

(自分の中で)今一番ライブが見たいアーティスト...
それは間違いなく『レミオロメン』です!!
(ゴメン、バンプおよび他の素晴らしきアーティストの方々w)


■先週の情熱大陸で、一部マニアから絶大の支持を受ける菊地成孔さん (音楽家・文筆家)の特集がなされていました。
自分は彼の素顔をあまりよく知らないのですが、自分の巡回するサイトではリスペクトされている方が多いようなので、「これは見ておかなくては」と思っていたのですが...

ウインブルドン(男子シングル決勝)に熱中しすぎて、見忘れてしまいました(泣
情熱大陸は再放送ないみたいだし...もう見れないのだろうか?録画の準備しとくべきだったよ><
くそ~、ホントに悔しいな。

そもそも、フェデラーが強すぎるからいけないんだよ!
あんまりにも完璧なテニスするんで、テレビに釘付けになっちゃっただじゃないかYO!

菊地さんによるBUMP OF CHICKEN “アルエ”のレビュー
[PR]

by philboc | 2005-07-06 02:58 | music
2005年 06月 25日 *
Musical Baton

6月上旬からネットでよく目にするようになりましたが、まさかこんなにも急速に広がってくるとは思いもしませんでした。この「web版チェーンメール」は順調にいけば5の累乗でネットに侵食していき、計算上10日で約1000万人の人に知れ渡ることになるわけです。

自分も幾つかバトンを受けたので、ここで質問に答えることにします。
誰から回されたかを記すのが通例になっているようですが、こことは分野が違ったり、リンクすると自分の身元がばれてしまうようなサイトからのバトンなので、リンク先は記さないことにします。

1.Total volume of music files on my computer,
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

この質問に何の意味があるのか?さっぱり分からないんですけど...
3.6G ( bit rate;128kbps )
↑とは別にデスクトップの方に2Gほどあると思います。
自分はMD世代なので、PCにはさほど多く入っていません。
MDは120枚ほどかな...


2.Song playing right now
(今聞いている曲)
RBSOニューイヤーコンサート2004 モスクワ~ロシアより愛をこめて
西本智実 ロシア・ボリショイ交響楽団“ミレニウム” ユルロフ記念国立アカデミー合唱団 ヴェルディ スメタナ ブラームス ハチャトゥリャン シベリウス ボロディン / キングレコード

基本的にネットをしながら、音楽は聴かないので、「一番最近聞いた曲」と解釈しました。
今、西本智実さんに関する創作活動をしているので 、毎日聞き込んでいます。
因みにMusical BatonのBatonには、襷という意味の他に指揮者という意味もあるそうです。


3.The last CD I bought
(最後に買ったCD)

ユグドラシル
BUMP OF CHICKEN / 藤原基央 / トイズファクトリー


調べてみたら、このアルバム以降、一枚もCDを購入していませんでした。
音楽サイトやっていながら、情けない話です。


4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)


Hello,Again~昔からある場所~
MY LITTLE LOVER / 小林武史 / トイズファクトリー


自分が始めて、J-POPというものを認識したのが95年の夏。
その頃、友達に録音してもらったカセットテープの一曲目がこの曲でした。
この夏のヒット曲を聞くと、不思議とその頃の出来事を思い出します。


BELOVED (BELOVED)
GLAY / TAKURO 佐久間正英 / 東芝EMI


同時期発売のラルクの「true」と共に、最も聞き込んだアルバムの1つ。
中学3年間、部活の苦しみを消し去るために毎日のように聞いていました。
"都忘れ"にしようか迷いましたが、より思い入れの深いこちらを選曲。


Smells Like Teen Spirit (ネヴァーマインド)
ニルヴァーナ / カート・コバーン / ユニバーサルインターナショナル


グランジという分野を生み出した(生み出してしまった)張本人。
当時、(洋楽といえば)ビートルズとカーペンターズぐらいしか聞いたことの無かった自分に「洋楽」を聞く機会を与えてくれたのが、このアルバムであり、一曲目のSmells Like Teen Spirit 。


果てのない道
19 / 岡平健治 イワセケイゴ / ビクターエンタテインメント

受験時に聴いた一曲。
この曲を聞くたびに、ココロが受験当日に舞い戻ります。
自分の眼前に現れた眩しいほどのあの情景を...一生忘れることはないでしょう。



糸 (沿志奏逢)
Bank Band / 中島みゆき / トイズファクトリー


出逢えたことに感謝してやまない曲。
歌詞を読んで感極まったのは、この曲が初めてだった気がします。
「仕合わせ」はこの曲と共に...


5.Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)
折角まわして頂いたものなので、苦し紛れながらバトンを回そうかと思いました...

、もう時期を逸した感があり、何処のサイトもすでにバトンを受けているようなので、ここで打ち切ることにします。何か1つもリンク張らないと「自作自演」してるみたいで悲しいんですが...まぁいいっかな(笑)
[PR]

by philboc | 2005-06-25 09:39 | music
2005年 06月 12日 *
昨日はラスト・プレゼントを見て、久しぶりに目頭が熱くなってしまいました。
主役2人の醸し出す雰囲気が絶妙で、『これは、間違いなく原作を超えたなぁ~』と、原作を見てもいないのに番組早々に合格印を押していましたw

b0015825_2331469.jpg■久しぶりに画像でもupしてみます。
←は今日の夕焼け空。撮影は7時半過ぎ...
7時を大分回っているというのに、まだ日が残っているというのは結構驚き。
夏はもう、手の届くところまで来ている。
いい夏にしたい...


■ゆずが2枚のベストアルバムを出しました。






それを記念?して、『ゆずスペシャル"Going Home"』という番組が地上波で放映されていたので、それを録画して視聴。
伊勢佐木町での路上ライブ映像なんかは、今見てもものすご~く新鮮で、彼らの帰る場所は当にここなんだと切に感じさせられます。
そういえば、紅白もここから唄を届けてたっけなぁ~...

彼らのデビュー曲、夏色。
この曲が発売した頃、(自分を含めた)青春真っ只中だった人たちはみんな夢見ていたよ...
彼女を自転車の後ろに乗せて、2ケツしながら下校することを...

まぁ、大抵の人はその夢を果たすことなくオトナになってしまっていますが、この曲にどれだけ影響され、どれだけ励まされ、どれだけカラオケで唄ったことか...

めざましテレビでも特集が組まれていて、そこでゆずの「思い出の1曲」という投票があったので、それの順位を記しておきます。

第1位 夏色
第2位 アゲイン2
第3位 栄光の架橋
第4位 いつか
第5位 飛べない鳥

2位がアゲイン2というのはちょっと意外でした。

ミュージックマガジン - ゆず
ライブトーク
[PR]

by philboc | 2005-06-12 23:09 | music
2005年 05月 08日 *
Hi!-touch CRewS☆

ROCK IN JAPAN FES.2005の公式BBSから始まった、RIJを楽しみたい方の集まりです。共通のバンダナだったり、リストバンドなんか身に着けることにより(目印を作って)、会場に集まる多くの方とコミュニケーションをとりましょう!!という趣旨のようです。

自分は時間的に、そして『人込みが苦手』という理由もあって、ROCK IN JAPANに参加する可能性は低いのですが、素晴らしい企画だと感じたのでここで紹介させてもらいました。
こういう形で、「音楽」という共通の趣味を持った友ができるのって素晴らしいことじゃありませんか?ネットでは絶対に得られない出会いがここには在る気がします。

管理人さんは、BUMPファンのようなので、その辺の展開にも期待したいですね(笑)
[PR]

by philboc | 2005-05-08 09:08 | music
2005年 04月 29日 *
TOP LINK : 邦楽系夏フェス一覧2005

ARABAKI ROCK FEST.

4/29(金) :at 仙台港


FLY THE FLAG

5/4(水) :at 大阪城ホール
□奥田民生、GRAPEVINE、THE HIGH-LOWS、LOST IN TIME etc...


SWEET LOVE SHOWER 2005 SPRING EXTRA-FREE

5月7日(土) :at 大阪城音楽堂
□サスケ、東京エスムジカ、フジファブリック etc...


SWEET LOVE SHOWER 2005

5月8日(日) :at 大阪城音楽堂
□ELLEGARDEN、ストレイテナー etc...


TODAY SPECIAL

5月8日(日) :at SHIBUYA―AX
□サンボマスター、YO-KING、アナログフィッシュ


■湘南音祭Vol.0

5月28日(土) :at 横浜BLITZ
□山嵐、ORANGE RANGE


MTV Video Music Awards Japan 2005

5月29日(日) :at 東京ベイNKホール
□サンボマスター、一青窈、SOUL'd OUT、川畑要(CHEMISTRY)


J-WAVE M+ LIVE

6月5日(日) :at Zepp Tokyo
□レミオロメン、フジファブリック、風味堂


ROCK IN JAPAN FES.2005前夜祭

6/25(土) :at SHIBUYA―AX
□THE BACK HORN、フジファブリック、つばき、ストレイテナー




--------------------------------------------
□←主な出演アーティスト
--------------------------------------------

音楽を嗜む人間として(自分の好きなアーティストが参加する)"夏フェス"には参加したいのですが、如何せん、日程的にどれもキツイ(泣)
一番行きたいのは"ap bank fes'05"なんですが、いくら三連休といえどもその時期(7月中旬)はいろいろと立て込んでいて結構厳しいんですよね...
まぁ、何とか都合つけてみせますよ(笑)

あと去年の■TREASURE 052の再現が今年あったら是非とも参加したい!!去年は何を血迷ったか、直前で回避してしまったので...
それにしても今年もあの面子が揃ったらホントまじでスゴイよ...
(みんなアルバムが大ヒットしたからね、この一年で)

More
[PR]

by philboc | 2005-04-29 03:20 | music
2005年 04月 21日 *
最近、「ether」をかなりリピートしています。
自分は音楽を垂れ流しで聞くほうではないので(コンポの前で、正座して音楽聞いたりする人間なんで^^)、好きなアルバムでも他の人に比べると、聞いてる回数はかなり少ないってことが多いんですが...
今回は違うよ!毎日聞いてるよ!!(音楽好きな人には当たり前のことなのかな?)

改めて思うけど、「3月9日」はホント心にしみる曲だね。
(アルバムでは)前後の曲が明るくてテンポのよい曲ということもあって、より一層そのバラード色が引き立っている気がします。
遠まわしな歌詞なんだけど、なんか逆にそれが切なくって...さ
涙ちょちょぎれちゃうよ。

結婚式にこれを贈られたカップルはどんだけ幸せなことか。
絶対離婚しちゃ嫌よ(笑)
自分も、結婚式を挙げたらこの曲を誰かに歌ってもらいたいな...
え~と、調べてみたところ
「3月9日」が「週末で大安」になるのは早くても2024年だそうです。

... ... ...

ちょっと遅すぎるなぁ。
せめて2010年代にしてもらわないと、年取り過ぎて相手が見つからなくなっちゃうよw

あ~ぁ、曲名が「3月9日」じゃなくって、「3月3日」だったら良かったのに(笑)
[PR]

by philboc | 2005-04-21 02:16 | music
2005年 03月 21日 *
□ SINGER SONGER
■ The Bird 
□ 「ゴミゼロ大実戦」
■ Cocco「Heaven's hell」 from とみぃの宮殿跡地
□ Speedstar Records

新たに結成された5人組のアーティストグループ"SINGER SONGER"
このグループのデビュー(5月)により、再びCoccoの音楽が、Coccoの歌声が皆の胸に届くようになるのです!!

彼女がステージから走り去ってから約4年。
この4年で絵本作家として素晴らしい作品を送り出し、絵本購入者限定CDという形で彼女はいくつかの楽曲を発表しています。
残念ながら自分はそれらの楽曲を聴くことができていませんが、推測するのに...
それらの楽曲は彼女にとって「絵本の世界を表現するための一手段」であって、音楽としての範疇には入っていないように思うのです。

しかし、今回は違います。
ミュージシャンとしての"Cocco"が帰ってくるのです。

くるりの二人と彼らなどのサポートしている一流ミュージシャン二人が触媒とナリ、彼女の新たな一面を引き出してくれることでしょう。昨年の"東京事変"のようにこのグループが今日の音楽界に大きなムーブメントを巻き起こしてくれる気がしてなりません。

#追記(03/28)
デビューシングルのタイトルは「初花凛々」
5月25日リリース。¥1,000(tax in)
[PR]

by philboc | 2005-03-21 22:32 | music
2005年 03月 08日 *
今日は"いいとも(テレフォンショッキング)"にTRICERATOPSが出演!

出演時間が非常に短かったのですが(普通は15分くらいはあるのですが、今日は10分もなかったような...)、それぞれの個性が垣間見れる良いトークだった気がします。
3人そろって黒の"サングラス"のいでたち。立ち話の時点からタモさんとのも会話が弾みます。

「怪人になりたい」と一人で怪人トーク に花を咲かせる和田さん。あまりにも熱弁するんで...
この良くわかんないバンドのボーカルらしき人、素人でテレビ出演とかあんまりしてないくせにトークが軽快すぎだよ
的な笑いが会場から溢れていました(笑)

「一曲弾いてよ」とタモさんから言われて3人でセッション。一人だけタンバリンの吉田さん^^

(テレビを見ていたら)久しぶりに彼らの曲が聞きたくなりました。
NEWアルバム、早くレンタルしてこよう(ゴメン、レンタルで...)

-----------------------------------------------------------------------------

menuのリンクを入れ替えました。
「Artist official site」は最近自分が気になっているバンドさん方です。

エキサイトはアーティストブログに力を入れていますね。
とりあえず、今エキサイトではレミオロメンとGOING UNDER GROUNDが推されているようです^^
[PR]

by philboc | 2005-03-08 21:58 | music
2005年 02月 25日 *
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO」公式サイトがリニューアルされています。
今年も凄いイベントになることでしょう。

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO」
開催日: 08/19~08/20
開催地: 北海道小樽市銭函5丁目
(詳しくは公式サイトを参照してください)

*チケット発売
官製ハガキ: 受付期間/3月1日(火)~3月10日(木) 当日消印有効
一般発売: 6月4日(土)より発売

*出演アーティスト
第一弾アーティスト発表は、4月20日の予定。

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZO」
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2003 in EZO」
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2002 in EZO」
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2001 in EZO」
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2000 in EZO」
「RISING SUN ROCK FESTIVAL 1999 in EZO」
[PR]

by philboc | 2005-02-25 14:16 | music