[ All Along with you ]  a.k.a. [ It's all over with me ]
1. Many a little makes a mickle.
2. It is a long lane that has no turning.
3. Do not put off till tomorrow what you can do today.
Top
カテゴリ:music( 49 )
*

2005年 02月 20日 *
SONICMANIA 05 @幕張メッセ

バンプがブリティッシュぽく、アジカンがアメリカぽいと思うのはぼくだけでしょうか。

BUMPがブリティッシュ?
最初はちょっとシックリきませんでしたが、よくよく思い返してみるとその節もあるな~と思ったり、思ってなかったり...
淡々と演奏するところとか、曲調に趣があるところとか...w

逆にアジカンがアメリカっぽいというのは何となく分かる気がします。
嘗て、グランジでNirvanaがアメリカのミュージックシーンを変えた様に、アジカンには日本のロックシーンを変えるような「爆発力」というか「時代を変革する力」があるように自分には思えます。
「ゴッチよ、日本のカート・コバーンになってくれ!!」

・おまけ : [対談]松坂世代は、なにを考える!?
[PR]

by philboc | 2005-02-20 22:35 | music
2005年 02月 20日 *
■Bank Band、ライヴ映像とインタビューを収録したDVD発売

03年に、Mr.Chirdrenの桜井和寿と音楽プロデューサー・小林武史が中心となり、環境に関する様々なプロジェクトに融資する機関として設立された“ap bank”。その活動をより広く伝えていくために、昨年1月にライヴ『BGM~Bank with Gift of Music for ap bank』を行った後、30万枚限定のカヴァー・アルバム『沿志奏逢』を発売。その後11月に東京と大阪で行われたライヴ『BGM Vol.2~沿志奏逢』も注目を集めた彼らだが、この度、ライヴ映像などを収録したDVD『BGM Vol.2~沿志奏逢』を3月30日(水)にリリースすることが決定した。アルバム未収録の楽曲「歌うたいのバラッド」「生まれ来る子供たちのために」のライヴ映像はもちろん、ap bankの具体的な活動内容の報告やインタビューも収録されるので要チェックです(Listen Japan)

ライブDVDの前に、まずアルバムの方を聞いてみたい...
限定発売なので近場では売っていません(すでに売り切れたのかな??)
探すのが大変なのれす><
[PR]

by philboc | 2005-02-20 15:06 | music
2005年 02月 10日 *
不況により、CDの売り上げが激減している昨今。
インターネットの劇的な発展により、「音楽を聴く」「音楽を知る」というスタンスが大分変化してきています。



一昔、アーティストや楽曲の人気を計る主要なバロメーターは「CDの売り上げ」でした。「CDの売り上げ」が音楽業界を動かし、「CDの売り上げ」により人々は"アーティスト"をそして彼らの"楽曲"を認知していました。

しかし、↑↑のような理由により今はその形態が影を潜め、私たちは新たな指標で人気を計るようになっています。
(自分が思うに)それは着メロ、カラオケ、歌詞検索の3つです。

別に意識して(ランキングとか)見ているわけではないけど、自分はこの3つの方が(「CDの売り上げ」よりも)ずっと"順位"が気になります。
みなさんはどうですか??



この3つの中で自分にとって一番身近な存在であるのが、歌詞検索です。(自分は)着メロは取らないし、カラオケも飲み会の2次会でしか行かないので、自然とそうなってしまいます。

・ 以下、Uta-Netからの画像です。(ページを見るにはログインが必要です)

More
[PR]

by philboc | 2005-02-10 12:31 | music
2005年 02月 10日 *
□□■ believe in ZONE ■□□

□■□

女性グループにとって"解散"というのは1つの"ステータス"なのかもしれません。言い換えると、"ステータス"守るための、そして"輝き"を失わないための手段の一つとして"解散"という選択肢が存在するのかもしれません。

自分はzoneのファンというわけではありませんし、彼女たちに対して、何か特別な"メッセージ"を送れるわけではありません。しかし、一音楽ファンとして、zoneというグループが残した...バンドとしての"証"は、十分汲み取ってきたつもりでいます。



"Just 4 your Luv"
MIYUのこの曲は自分たちへのメッセージだったのかな?
気持ち的には"Just 5 our Luv"なのかもしれない...



ラストシングルのtitleが"笑顔日和"だということが、彼女たちらしくて...(〃∇〃) ゞ
[PR]

by philboc | 2005-02-10 10:12 | music
2005年 01月 31日 *
自分が彼らを知ったのは、一年半ぐらい前...
深夜に放送されていたTHE STREET FIGHTERSを見たのがきっかけでした。

彼らはここのサポーターズランキングで常に上位にいて、(一部のファンには)注目される存在となっていました。



「最近、サスケの青いベンチって曲が好きです...」

そんなことを自分のHP(ブログ)に書いたのが約一年前...
今じゃ考えられないことですが、彼らを知っている人などほとんどいません。

「サスケ 青いベンチ」で検索すると、うちのブログ(ここではありません)が1ページ目にあったくらいですから...



そんな中、その記事にコメントをくれた方がいました。
毎週のように、大宮の駅前にストリートライブを見に行っているという女子高生でした。

その子にいろいろなこと(ストリートライブでの様子やシングル以外の曲の印象など)を教えて頂いたお陰で、急速にサスケとの距離が(自分の中で)縮まって行った気がします。

この頃には、大宮でのみ発売されていた(所謂)インディーズ版の青いベンチをネットで購入し、毎日のように聞いていました。



そして、予想外のメジャーデビュー...
この段階に至っても、彼らに注目している人など、そんなに多くはなかったように思います。

実家に帰った時、妹にCDを聴かせましたが、全く反応がなく、無言のまま返却されました(泣)...



そんな彼らも(「そんな」が示すところは「まだ知名度が低かった」という意味、決して卑下する目的の代名詞ではありません...あしからず...)春から夏にかけ、じわじわと認知されるようになり、アルバム発売が決定!

これには正直驚きましたよw...
まだリリースしたのがシングル一枚だけでしたからね。

... ... ...

(空白)

...

そしていつの間に、気づかぬうちにこんなにも有名になっていました。
アルバムとの相乗効果で、「青いベンチ」も15万枚近くの売り上げ!!
しかも、めざましやMステに出演なんかしちゃって、古株!?のファンには違和感ありまくりでした(笑)



そして更に驚くことに、うちの妹がサスケのファンになっていました^^
3月に聴かせたときは無反応だったくせに、偶々地元の大学の文化祭でサスケがライブしているのに遭遇して、コロっとやられちゃったようです(笑)


忘年会のカラオケで「青いベンチ」を燃焼している友達がいたりして、
ここまで有名になったか...」とその友達の横で、
一人、物思いに耽ったりしていました(←キモイ...w


□■□

まだ彼らの曲を聞いたことがないという方は是非とも一回聞いてみてください。個人的には「青いベンチ」のc/wの2曲をオススメしたいです。
公式で視聴可能)

スペシャル・インタビュー:http://music.yahoo.co.jp/jpop/music_topics/spn/20050126/spntpc001.html
[PR]

by philboc | 2005-01-31 02:36 | music
2005年 01月 07日 *
この曲を聞くためだけに、「恋するハニカミ!」を見ました...

...

...

良すぎる。良すぎて、番組(内のデート)が唯のおまけになっちゃってる感じがしてならない

それにしても「柴咲コウ」という歌手は、不思議だ。
光り輝く顔立ちでもないし、特別音楽的才能があるわけでもない。
なのに何か惹き込まれる魅力がある。掴み所のない、何かがある。

去年、オリコン(シングル)で一位をとった女性歌手は浜崎あゆみと宇多田ヒカルの二人だけ。男性歌手が大勢を占めた一年だった。

2004年、彼女が出した楽曲はどれも素晴らしいものばかり...

客観的に見て、2004年、女性歌手として一番評価できるのは他でもない、彼女だ。↑の二人に追いつくのも時間の問題...とさえ思ってしまう。

柴咲コウ 【NEW MAXI-SINGLE】 『 Glitter 』 2月16日発売
M-01. Glitter
M-02. 色恋粉雪
M-03. (タイトル未定)
*今回はシングル初の全曲単独本人作詞です


早く聴きたい、一秒でも早く聴きたい...
こんなキモチ、BUMPの「オンリーロンリーグローリー」以来な気がする...



上の話題とは全く無関係だけど...
ミスチル、レコ大受賞おめでとう!!

...

それだけ言っておきたかった...(笑)
[PR]

by philboc | 2005-01-07 23:35 | music
2005年 01月 05日 *
久しぶりにBUMP以外のことを書く気がします。

新年明けて...一番の衝撃はこのCMでした。
b0015825_20173744.jpg

1/1からオンエアーになった日清食品カップヌードルの最新CM...
このCMの世界観、そして何よりMr.childrenの曲に新年早々釘付けとなってしまいました。

今回の「flower」編はこのシリーズ4作目なのですが、今まで3作は音楽に「タガタメ」を使っていたわけです。知っている方がほとんどだと思いますが、この「タガタメ」は桜井さんが平和を祈り、嘆願の想いで作ったミスチルの幻の名曲といわれた曲です。未発表曲であったその「タガタメ」が、昨年、イラク戦争などで混沌とするこの世界へのメッセージとしてアルバム(「シフクノオト」)に収録され、ニュースステーションでの出演やCMでの起用に繋がったわけです

その壮大な想いを背負った「タガタメ」を敢えて外し、新たに書き下ろされた今回の楽曲...
何といえばいいのか分かりませんが...心に響くものがあります。
b0015825_21374699.jpg

b0015825_14521068.jpg

「曲:タイトル未定」となっていますが、CD化されることはあるのでしょうか?是非聞きたいな...聞かせて欲しいな...


"NO MUSIC NO LIFE"
ミスチルが教えてくれたその精神は、今...

NO BORDER YES LIFE の祈りへと生まれ変わるのでしょう...
Message from philboc


[補足]
[PR]

by philboc | 2005-01-05 14:50 | music
2004年 12月 19日 *
前記事:投票するべさ!!(12/5)
■結果...

第1位  瞳をとじて(平井堅)
第2位  マツケンサンバII(松平健)
第3位  Sign(Mr.Children)
第4位  さくらんぼ(大塚愛)
第5位  Jupiter(平原綾香)
第6位  冬のソナタテーマソング(Ryu)
第7位  オンリー ロンリー グローリー(BUMP OF CHICKEN)
第8位  ロコローション(ORANGE RANGE)
第9位  ハナミズキ(一青窈)
第10位 僕が一番欲しかったもの(槇原敬之)
第11位 リライト(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
第12位 希望~Yell~(NEWS)
第13位 ボーン・トゥ・ラヴ・ユー(クイーン)
第14位 群青日和/遭難(東京事変)
第15位 君にBUMP(ケツメイシ)
第16位 ドント・テル・ミー(アヴリル・ラヴィーン)
第17位 君こそスターだ/夢に消えたジュリア(サザンオールスターズ)
第18位 Mickey(Gorie with Jasmine & Joann)
第19位 クレイジー・イン・ラヴ(ビヨンセ)
第20位 イージー・ブリージー(Utada)


■感想...
・オレンジレンジが意外と低かったかなぁ...「花」だったらTOP3は堅かったかな?
・同じく、サザンも低かったなぁ...
・BUMP7位・・・冬ソナに負けるのはちと悔しい(笑)
・マツケンサンバ・・・紅白前に、見すぎちゃった感がありますね...w
・そう言えば、浜崎は選出対象になっていなかったのかぁ~...意外だね

・衝撃!!宇多田ヒカル最下位.....................................
ビヨンセに負けるとか、考えられないんですけどね↓↓
自分は未だにEXODUSを聴いていない(恐くて聴けないんです><)んですけど...
聴かない方がイイのかな??  

-----------------------------------------------------------------------

YAHOO!!エンターテイメントアワード2004音楽部門(アワード投票)
*yahoo!!ログインの必要あり
投票期間:2004年11月30日~2004年12月13日
結果発表:2004年12月16日~2005年1月11日
[PR]

by philboc | 2004-12-19 13:24 | music
2004年 12月 17日 *
2004年:「着うた」年間ランキングTOP20

  1   ORANGE RANGE   花(サビver.)
  2   平井堅   瞳をとじて
  3   柴咲コウ   かたちあるもの
  4   ORANGE RANGE   ロコローション(サビver.)
  5   大塚 愛   さくらんぼ
  6   nobodyknows+   ココロオドル
  7   浜崎あゆみ   CAROLS
  8   ケツメイシ   君にBUMP
  9   浜崎あゆみ   INSPIRE
  10   平原綾香   Jupiter
  11   浜崎あゆみ   Moments
  12   河口恭吾   桜
  13   Utada   Easy Breezy
  14   平井堅   思いがかさなるその前に・・・
  15   大塚 愛   大好きだよ。
  16   宇多田ヒカル   誰かの願いが叶うころ
  17   ORANGE RANGE   ミチシルベ ~a road home~(サビver.)
  18   大塚 愛   Happy Days
  19   倖田來未   キューティーハニー
  20   大塚 愛   金魚花火


今年一曲も着メロをダウンロードしていない自分には、「着うた」とか全く関係ないんですけどね(実話)。一応、音楽の話題ですから...メモメモ!!

*着メロ業界的には、オレンジレンジ、浜崎、大塚が3強のようです。
[PR]

by philboc | 2004-12-17 18:58 | music
2004年 12月 05日 *
今、YAHOO!!で『ミュージックアワード』なるものをやっているので
それについて一言二言...

ノミネート曲

 ドント・テル・ミー(アヴリル・ラヴィーン)
 イージー・ブリージー(Utada)
 僕が一番欲しかったもの(槇原敬之)
 Jupiter(平原綾香)
 オンリー ロンリー グローリー(BUMP OF CHICKEN)
 希望~Yell~(NEWS)
 君こそスターだ/夢に消えたジュリア(サザンオールスターズ)
 君にBUMP(ケツメイシ)
 ボーン・トゥ・ラヴ・ユー(クイーン)
 群青日和/遭難(東京事変)
 ロコローション(ORANGE RANGE)
 Sign(Mr.Children)
 リライト(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
 ハナミズキ(一青窈)
 瞳をとじて(平井堅)
 冬のソナタテーマソング(Ryu)
 マツケンサンバII(松平健)
 Mickey(Gorie with Jasmine & Joann)
 クレイジー・イン・ラヴ(ビヨンセ)
 さくらんぼ(大塚愛)

*サイトより転載
*ノミネートは、Yahoo! JAPAN編集部が独自に選出したものだそうです。


■当然ながら!?自分は「オンリーロンリーグローリー」に清き一票をvoteします(笑)
理由は...
「投票時に書き込むメッセージが、公式のファンレターとして直接彼らの元に届く」
らしいからです...^^
要は楽曲云々ではなく、「ファンレターが送れる」と言う事実が嬉しいだけなのです
(唯、最近何かと忙しいので「そんなの」を書いている時間がないのですけど...(;´д`)ノ

■柴咲コウの「かたちあるもの」が選出されていないのは、どう考えても納得がいかない

■宇多田ヒカルはシングル曲「誰かの願いが叶うころ」ではなく、「イージー・ブリージー」の方が選出されていますが、何ででしょうね??

■「アワード」という枠の中にASIAN KUNG-FU GENERATIONが入ってきたことは自分としては少し驚きでした。確かに、ソルファは大ヒットを記録しましたが、他のノミネート曲と「リライト」を比べてしまうと...正直見劣りしてしまう
(曲の良し悪しではなく、ネームバリューの話)
これは個人的な見解ですが、彼らにはこれと言った代表曲が無いように思えるのです。
例えば...A: 「BUMP OF CHICKEN」っていいよね~?
B: あ~!あの『天体観測』唄ってたグループでしょ!
こんな会話が成立しないんですよね。彼らには『~』に入る曲がないんですよ...
来年こそ、シングルで「アジカン」の名を世に知らしめて欲しいですね^^
*世間一般では未だに「BUMP=天体観測」のイメージなんでしょう(≧◯≦)

--------------------------------------------------------------------------------------

YAHOO!!エンターテイメントアワード2004音楽部門(アワード投票)
*yahoo!!ログインの必要あり
投票期間:2004年11月30日~2004年12月13日
結果発表:2004年12月16日~2005年1月11日
[PR]

by philboc | 2004-12-05 09:27 | music