[ All Along with you ]  a.k.a. [ It's all over with me ]
1. Many a little makes a mickle.
2. It is a long lane that has no turning.
3. Do not put off till tomorrow what you can do today.
Top
カテゴリ:music( 49 )
*

2004年 09月 11日 *
Mステ、PJと連続出演のポルノグラフィティ
彼らの唄にはパフォーマンス以上の迫力がありますね。

アーティストの場合、「CD音源」と「(テレビでの)生歌」 のギャップにビックリする(≒ガックシする)ことが多々あるのですが、彼らの場合全く違います。逆に生歌のほうが良い位です。

いつか「ライブ(音源)CD」とか出してくれないですかね?
すごくいい作品になると思うんですが...
それ以前に、ライブ自体に行って見たい!!

P.S. Mステのセットは中々グットでした^^
[PR]

by philboc | 2004-09-11 11:02 | music
2004年 09月 10日 *
昔、『1日に1回は無罪モラトリアムと勝訴ストリップを聞かないと生きている気がしない!』と言い切った友達がいました...
当時、彼女の良さが全く理解できなかった自分は、
「この友達は奇人なんだ」と簡単に結論付けていました。(今思うと失礼千万ですねw

今では当時抱いていたような「偏見にも似た思い」は払拭されました。
しかしだからと言って、椎名林檎に興味を持っているか?と問われると返答に困ってしまいます。
でもこの東京事変は何故か気になる存在です(名前も自分好みw
何をやらかす事やら...(笑)
 
[PR]

by philboc | 2004-09-10 03:42 | music
2004年 09月 10日 *
完全に柴咲モード...w
J-POP女性ボーカリストのアルバムをこんな聞き込むのは何時振りだろう??
しかし未だに自分は彼女のどこにその魅力があるのか?掴みきれていない...

もしそれに気づいたら...
その時は...
自分も立派な「柴咲ファン」の一員ということなのだろう。
[PR]

by philboc | 2004-09-10 03:29 | music
2004年 09月 09日 *
予想通り、宇多田ヒカルの全米デビューアルバム「EXODUS」が初動でミリオンを突破した模様。今回はあくまでもUTADA名義なので『洋楽』扱いとなるようだが、そんなのどうだっていい!

どんなアルバムなんだろう...
(↑実は買ってないw)

先月から今月にかけて怒涛のBUMPラッシュ(アルバム、雑誌、チケットなど)だったわけで、お金がないのです(泣)

(前にも同じようなことを書いたかもしれないけど、)今回は全米デビューアルバムである。
彼女はもちろん「日本人」なのだが、ドリカムとかが全米進出したのとはワケが違う。
アメリカは彼女を育てた場所なのだ!!当然、意気込みが違う(ように思われる)
 
唯、気になることがある。
必要以上に全米デビューを意識し過ぎてはいないだろうか?
プロモなどを見てそう感じた...

自分の考えとしては
「歌詞が英語になるのは構わない(というか当然!)でも、今までのスタンスを崩して欲しくはない。日本人に愛されたhikkiの良さを無理やり変える必要はない。『宇多田ヒカル』として培った音楽で勝負すべき」
そう考えています。

アルバムを聴いていない人間に語る資格はないのだが...
やっぱり自分の中でhikkiは「宇多田ヒカル」であって「UTADA」ではない!
これだけは言っておきたかった...
 
[PR]

by philboc | 2004-09-09 23:19 | music
2004年 09月 09日 *
(CDTVより)
8月MVA受賞、ポルノグラフィティ

...初めて「アポロ」を聴いたときは、『またスゴイコミックバンドが出てきたなぁ(笑)』と笑っていました。

「ミュージック・アワー」が大ヒットした時。
自分は、このバンドは「ノリとテンポの良さが売りなんだな」と勝手に決め付けていました。

しかし...

「サウダージ」「サボテン」「ヴォイス」「愛が呼ぶ方へ」...

彼らは違った...
こんなにも素晴らしいミディアムバラードが唄えるのだ。
こんなにも、人々の胸に訴えかける様な曲が唄えるのだ。 
最初(デビュー時)のイメージがここまで変化したバンドはホント珍しいと思う。
(ビジュアル系脱却組は除く)
この夏を境に2人組みとなる彼らだが、更なる飛躍を期待せずにはいられない
 
[PR]

by philboc | 2004-09-09 21:16 | music
2004年 09月 07日 *
今日レンタルしたもの...

・蜜(柴咲コウ)
・進化論(SOPHIA)
・Mouth to Mouse(syrup 16g)
・MIKI1(藤本美貴)
 
この統一感がないところが、また自分らしい...w
[PR]

by philboc | 2004-09-07 22:30 | music
2004年 09月 05日 *
柴咲コウ。
彼女は不思議な人だ。
「ファンデーションは塗ってません」からいつの間にか映画、ドラマに進出。
そしてRUIから歌手へ...

この曲。どうしてこんなに売れているんだ?と思ったら、ドラマ「セカチュウ」の主題歌だったようだ(←今まで知りませんでしたw
 
彼女の魅力って何なんだろう?
各所で彼女を見かけるけど、未だに分かりません。
でも演技に歌に、多彩な才能を見せているのは確かです。

自分は『歌手』としての柴咲コウが好きです。
理由は分かりません。そこがまた魅力なのかもしれません。
ちなみに自分は『女優』 柴咲コウは余り好きではありません。
当然!?その理由も分かりません。
 
理由がないので説得力もないのですが、柴咲コウには「歌手」をメインにやってもらいたいと思っています。
[PR]

by philboc | 2004-09-05 21:03 | music
2004年 09月 05日 *
(水曜日のマシューフェスタより)
 
Flow : どんなグループなのか良く知らないけど、カラオケでは定番になりつつある。
zone : わりと好きな方。アルバムでも借りてみようかな^^
はなわ : マシュー(佐賀県バージョン)を聞くと、彼の人気が一過性のものではないことがよく分かる。他の2組とは大違いw
 
前置きはさて置きメインはSOPHIA!『街』 
まじ、最高です^^
そりゃーもう、一瞬『ユグドラシル』が頭から吹っ飛ぶくらいw

こんなのところで「街」が聴けるとは思ってもいませんでした。
最近は余り聞いていなかったけど、すぐに思い出しましたよ
(自分の中で)MUSIC=SOPHIAだった時代を!!(たった数週間だったけど...w
特に「little circus」~ 「マテリアル」 の頃がチャイコーです(笑)
ルナシーとかラルクみたいに『天下』は取れなかったけど、あんたたち最高だよ
木曜日は過去のMDとか引き出して、SOPHIA祭となりました§≧∇≦§

*「little circus」に『Chicken Heart』っていう曲があるんですよ(笑)
「君にBUMP」と合わせて、BUMP OF CHICKEN 2大フューチャー曲ですよ!!
 
[PR]

by philboc | 2004-09-05 19:57 | music
2004年 08月 30日 *
噂には聞いたことがありましたが、
aikoのコンサートで出会ってカップルになる人が結構多いらしいのです(Hey×3より)
(*ファンクラブ限定のコンサートはチケットを一枚ずつでしか販売していないため...)
(*コンサート終了時には終電が終わってしまっていることが多いためw)

これって最高の出会いだよね!
自分の好きな歌手のコンサートで知り合った人と結婚する...
「あいのり」なんかで出会うよりよっぽど感動的だよ!!

BUMPのコンサートにおそらく一人で行くであろう自分としては、こんな事がBUMPのコンサートでもあったらいいなぁ~なんて思ってしまいます^^「あれ、君も一人でコンサート来たの?一緒に見ようよ^^」
 「もう終電終わっちゃったね...俺が自転車で送ったあげるよ...w」
すいません。少し妄想してしまいました(笑)

それにしても、aikoはかわいいなぁ(((((o≧▽≦)oアキャッキャ
一度でいいから彼女のコンサートに行ってみたいですね
 
[PR]

by philboc | 2004-08-30 22:39 | music
2004年 08月 29日 *
8月29日は岩瀬敬吾、26歳の誕生日です。
それを祝って?サイト名を変更する事にします。
『ありあまる地上の憂鬱とよろこび』 作詞作曲:イワセケイゴ
c/w曲なので知っている人は少ないと思いますが、彼の楽曲の中でも特に好きな一曲であります。

『いつものどおりのまま』は全部平仮名なのでサイト名としてちょっとインパクトに欠けるかぁ~っていうのもありまして
まことに勝手ながら...変更します^^

でもよくよく考えてみると『いつもどおりのまま』もケイゴ:作詞作曲の曲なんですが...
ちなみに、rakutenの方の『やさしい激動』は作詞作曲:19となっていますが、
コード進行や作詩の内容からして、ケイゴが中心となって作ったと思われます...

まぁ、兎に角 「ケイゴ、Happy Birthday!」
[PR]

by philboc | 2004-08-29 18:15 | music