[ All Along with you ]  a.k.a. [ It's all over with me ]
1. Many a little makes a mickle.
2. It is a long lane that has no turning.
3. Do not put off till tomorrow what you can do today.
Top
<   2004年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
*

2004年 06月 28日 *
みなさんは『どこ』で考え事をしますか?
ベットで毛布に包まりながら落ち込む人、空(星)を見ながら遠き未来に思いを馳せる人、
釣りなどをしながら大自然の安らぎをイッパイ吸い込む人、
海に向かって「バカヤロー」と叫ぶ人...

いろいろな人がいると思う。

自分が考え事をしてしまう時、というか考え事をしてしまう場所、それは「電車の中」である。

考え事をするために電車に乗るわけではない。でもふと気が付くと、あの雑然とした空間の中で恐ろしいほど「自分の世界」にのめり込んでいる時がある。
 
何時からそうなったんだろう?如何してそうなったんだろう?

自分が人生の岐路に佇んでいた18歳の夏、毎日2時間以上も電車に乗っていた。
そして決して結論の出る事の無い「自問自答」を永遠と繰り返していた。その頃の習慣なのだろう。

「寝過ごし」て目的地で下車できなかった経験を持つ人は多いと思う。
でも自分のように「考え事」をしていて、
何時の間にか『見も知らない他県の風景』が眼前に広がっていた、
という経験を持つ人は数少ないと思う。
 
電車の中では多くの人が音楽を聞いたり、読書をしたりしている。
でも「あの空間」で、一人物思いに耽るのも良いもんだと思う。

"ベル" from 「jupiter」
~重い体を 最終列車に乗せて 揺れながらなぞる 今日の事 ホームに降りて 気付いた事は無くした切符と 猫背の僕~

昨日、約一年続けたバイトに区切りをつけてきました。
その帰り、残された電車は終電一本という駅のプラットホーム。
日曜の夜ということもあり、誰一人いない。聞こえるのは駅員さんの「○○行き最終~」の声のみ。

なんか不思議な気分になります。
普段はあれだけ乗り降りの多いこの駅で、自分一人が最終列車を待っている...
いろいろと考えちゃいますyo、今日の事、この一年の事、そして今の自分について...
疲れた体で最終列車に揺られる。この一見なんでもない時を大切にしたいと思う。
[PR]

2004年 06月 28日 *
BUMP出演のラジオ「HOT JAM」を聞きました。
話題は「あだ名について、佐倉ライブについて、MY PEGASUS、新曲制作秘話」
そして「New Album」について...
 
なんと80%完成しているとの事\(◎o◎)/!

おぉ~、アルバム制作がそこまで進行しているとは...
唯、常に最善を目指し、ゆっくりとじっくりと曲作りをする彼らの事だから、発売はかなり先のことになりそう...
ツアー中に発売する事は考えられないので、年末から初春にかけての間と予想
(外れてたらゴメンなさいne)

今から指折り数えて!?首を長~くして!?待ちたいと思っています(((((o≧▽≦)oアキャッキャ
[PR]

2004年 06月 26日 *
「オンリーロンリーグローリー」のPVが民放でも放映されるようです。

■JAPAN COUNTDOWN 7/3(深夜)テレビ東京系列

まぁ30分番組の特集?の一部なので、PV全部が流れる事はないと思いますが、それなりに貴重だと思います。自分も既に「予約」済みです(笑)
[PR]

2004年 06月 19日 *
BUMP OF CHICKEN ゲスト出演(公式サイトより)

■6月28日(月) FM AICHI (FM80.7MHz )『HOT JAM』
番組は19時~(オンエアは21時台)です。

みんなジャンジャン^^BUMPの曲をリクしましょ!
今回も絶対録音するぞ!
[PR]

2004年 06月 17日 *
5月29日に行われた、BUMPの佐倉ライブ
このライブで、会場である体育館の床がへこんだことは周知の事実であるが、
それの改修費用が3100万円もかかるらしい。

う~ん、凄い額だなぁ...
やっぱり市がお金払うんだよね...こりゃ~大変だ(笑)
でも佐倉市はホント、BUMPを大切にしてくれるよね^^
いい市だ~(-^〇^-)

佐倉ライブ
普通「バンチキ」なんて略し方するかな??
[PR]

2004年 06月 16日 *
BUMP新曲「オンリーロンリーグローリー」
一昨日の初聴から、永遠と頭のなかで「リピート」されています^^。
初めは「何てスピード感がある曲なんだw(゜o゜)w オオー!」と驚いていましたが、
「鬼」リピートの成果か?だんだんと耳が慣れ、このスピード感が「快感」になってきました(笑)

よくよく考えてみると、アルエやグングニルの方がテンポは早い気もします

■関係ないけど新曲のc/wは「睡眠時間」です^^

[PR]

2004年 06月 14日 *
ラジオでBUMPの新曲「オンリー・ロンリー・グローリー」を聴きました!
5時からラジオの前で待機し続け、約2時間半後、遂にBUMPの特集が始まりました。

天体観測の後に流れたのが、先日行われた佐倉ライブでの「グロリアスレボリューション」のライブ音源!w(゜o゜)w オオー!
これを流してもらえるとは全く予想していなかったので、聞けてホントよかったです^^
ライブでの迫力が伝わってくるyo~
あ~ぁ、ライブ行きたかったな~(>。<)これを聴いちゃうと今更ながら後悔します
・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

そして新曲発表前にBUMPから番組(イブニングドライブ)宛てのコメント
(これは他の地区では流されていないのかなぁ?)

これが実にいい(((o≧ヮ≦)oアキャッ 
新曲聴く前にこれだけでお腹イッパイです(笑)
BUMP OF CHICKENの「ボランチ」こと升君仕切りで、徹底的に増川君をいじるという、
もはや定番とも言える「BUMPスタイル」のまったりトーク^^
ホント最高です!(時間があったら「コメントの書き出し」しておきます)

...「オンリー・ロンリー・グローリー」
一言ではとても伝えきれない、BUMPの『疾走感と爽快感』!
当にこれを体現できる一曲と言えるのではないだろうか
かなりアップテンポで、スピード感溢れるメロディ♪
今までにないBUMP OF CHICKENを感じる事ができる...
主観ではありますが、BUMPファンの期待を決して裏切らない作品であるという事はハッキリと断言できます!
 
発売が待ちどおしい限りですne(笑)

More
[PR]

2004年 06月 13日 *
BUMPのライブ詳細がわかったのでここに記載します

BUMP OF CHICKEN 2004 TOUR “MY PEGASUS”

 チケット料金  :前売¥4.000(ドリンク別)
  チケット一般発売:
  9/17~10/22 11/2~11/5分は、「7/24発売」
  10/25~10/29 11/8.11/9.11/20分は、「8/28発売」
  11/1分は、「9/4発売」
  11/12.11/13分は、「9/5発売」

9月
  東京;  17,18日(金土) ZEPP TOKYO
  福岡;  23,24日 (祝金) ZEPP FUKUOKA
  大阪;  26,27日 (日月)  ZEPP OSAKA
  名古屋;29,30日 (水木)  名古屋クラブダイアモンドホール
 
10月
  札幌; 4,5日 (月火) ZEPP SAPPORO
  仙台; 7,8日 (木金) ZEPP SENDAI
  大阪;  12,13日 (火水) なんばHATCH
  京都;  15日 (金)  京都北文化会館
  名古屋;18,19日 (月火) 名古屋クラブダイアモンドホール
  広島;  21,22日 (木金) 広島クラブクアトロ
  鹿児島; 25日 (月)  鹿児島CAPARVOホール
  熊本;  26日 (火)  熊本DRUM Be-9
  大分;  28日 (水)  大分DRUM Tops
  長崎;  29日 (木)  長崎DRUM Be-7

11月
  神戸; 1日 (月)  神戸チキンジョージ
  高知; 2日 (火)  高知BAY5 SQUARE
  愛媛; 4日 (木)  松山コミュニティセンターキャメリアホール
  岡山; 5日 (金)  岡山アクトロン
  福島; 8日 (月)  郡山ヒップショット
  青森; 9日 (火)  青森クォーター
  新潟; 12日 (金) 新潟フェイズ
  石川; 13日 (土) 金沢エイトホール
  沖縄; 20日 (土) 沖縄ダンスクラブ松下
  全国21都市、32公演 (一日一公演と仮定して)
   <地域別>
  北海道・・・札幌 (2公演)
  東北・・・仙台、福島、青森 (計4公演)
  関東・・・東京 (2公演)
  東海・・・名古屋 (計4公演)
  北陸・・・新潟、石川 (計2公演)
  関西・・・大阪、京都、神戸 (計6公演)
  中国・・・広島、岡山 (計3公演)
  四国・・・高知、愛媛 (計2公演)
  九州・・・福岡、長崎、熊本、大分、鹿児島 (計6公演)
  沖縄・・・ (1公演)

遂にファン待望のBUMP OF CHICKEN LIVE 2004の公演が決定いたしました§≧∇≦§
今回は地方が多いですね、感心×2(* ^)(*^-^*)ゞ デヘヘ
九州公演が多いですね!何故でしょう?
 
逆に東京(関東)で2公演というのはちょっと少なすぎるのでは??
既に各所で不満の声が揚がっているようですし、たぶん追加公演か何か組まれるのではと思われます。
[PR]

2004年 06月 12日 *
Mr childrenのライブチケットgetに失敗いたしましたΣ(>o<;)

親にも手伝ってもらい、4回線で電話しましたが全く通じませんでした。
「ヒカルの5」に続く惨敗だけに、かなりショックを引きづりそうです(泣)

それにしても、ミスチルの人気はすごいですね!?
正攻法では全く話になりません(>_<) ヒエー 。。何か対策を講じなければ...
 
BUMPのツアーチケットだけはあらゆる手段を駆使して、何としてでもゲットしなくては...(笑)
[PR]

by philboc | 2004-06-12 00:00 | music
2004年 06月 07日 *
「シフクノオト」には二つの意味がある
「私服の音」「至福の音」
ちょっと意味がわかりにくいので英語にしてみる
「ordinary sound」と「glorious tone」
"聴きなれた馴染みのある音楽"と"特別な音"との融合

「シフクノオト」
当にタイトルどおりの出来と言えるのではないでしょう?

■  ~ファンサイトの掲示板より抜粋~

>残念な点は、「掌」「くるみ」がシングルと同じ並び順の所と
 「タガタメ」があまりに壮大なので「HERO」が軽く聞こえるような・・?所ですかね

>>確かにそれはいえますね。
「タガタメ」はそれ1つでアルバムになっている気がしますから。
でも「タガタメ」でアルバムが終わったらちょっと印象(後味)として重すぎるように思われます。
「HERO」は軽く聞こえてしまうかもしれませんが、「アルバム全体として完結させる」役割を十分果たしていると思いますよ
 

>ミスチル自身と比較した時に前作It's wonderful worldには及ばないと思う。
 前作はアルバム一つが『一曲』となっていて、音楽史上最高傑作といってもいいくらいバランスが取れていてよかった。
 それに対して今作はいい意味でも悪い意味でも一曲一曲の完成度が高く、一曲一曲が独立している感じだった。

>>そうですね。
 今作は一曲一曲が良すぎて、アルバムとしてまとまりきれるか?っていうのが焦点でしたからね^^
 詰め合わせのギフトみたいな(笑)この表現が正しいのかも??
 

>ちょっとシングルカットの曲が今回は多い・・。
 強いて言うならBOLEROみたい・・。個人的にBOLEROより好きなアルバムです!

>>お~!?言われてみれば、なるほど×2^^
[PR]

by philboc | 2004-06-07 00:00 | music