[ All Along with you ]  a.k.a. [ It's all over with me ]
1. Many a little makes a mickle.
2. It is a long lane that has no turning.
3. Do not put off till tomorrow what you can do today.
Top
<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
*

2005年 12月 30日 *
大掃除の一環としてハードディスク(DVDレコーダ)を整理していて気づいたことですが、今年は戦後60年ということで戦争を想起するようなドラマだったりドキュメンタリーといったTVメディアによる特別番組が非常に多かったようなに思われます。何故ここまで戦争関連のTV番組が多かったのか?自分には良く分からないのですが、もしかすると近年の昭和回帰ブームや往年ドラマのリメークなどがそれを煽る一つの要因だったのかもしれません。

自分がテレビを見る時は、出演者の顔ぶれでその番組を見るかどうかの大部分を決めてしまっています。よって、これだけ多くの(戦争関連の)特別番組が放送されていながら、自分が目にしたのはそのうちのホンノ一握りだと思います。

その中で特に印象に残ったのが、先日放送された「戦後60年特別企画“おじいちゃん,本当のことを聞かせて”」。おじいちゃんとはフィリピンで日本軍から武装解除命令がなかったとして29年間フィリピンのジャングルでひとり戦い続けた小野田寛郎さんのこと。

小野田さんと対話をするのは石原さとみさん(19)。番組の途中途中に戦争時の映像が挿入されるものの、この二人の会話からは他のドキュメンタリーのような圧倒的な重々しさは感じられません。しかし、笑顔で孫世代の彼女と対話するその姿がすべてを物語っているような気がしてなりません。どんなに忠実にかつての惨劇を(ドラマで)表現しても、感じるとることができない"真実"がそこにはあるのでしょう。自分のように戦争を体験していない(言い換えると、戦争があったという事実さえ実感が乏しい)世代にとって、小野田さんの事を知らなかったという彼女の存在は番組内である意味で良いフィルターになっていたように感じられます。

他の番組のように戦争時の様子を克明に伝えているわけではないのですが、何か言葉で表現しきれないような不思議な気持ちにさせられました。真実を知るとは、もしかするとそういうことなのかもしれません。

惜しまれるのは、この番組が年末のしかも深夜の時間帯に放映されたということ。こういう番組こそ、ゴールデンのみんなのがテレビに視線を傾ける時に流してもらいたかった。
[PR]

by philboc | 2005-12-30 23:59 | thought
2005年 12月 27日 *
果てさて何から書こうかな?
半年も胸のうちにいろいろとわだかまりみたいなやつを抱えてきたんで、ネタは結構あるはずなんだけど...

b0015825_14233240.jpgまぁ、話のハジメはまずお天気の話とします。

自分の街にも雪が降りました。12月にこんなに積もるとは正直思ってもいませんでした。雪景色を見慣れている方はそう思わないかもしれませんが、いつも歩いている道、見慣れた町並みが真っ白に雪化粧をしていると、何か不思議な気分になります。
日常の中に非日常的な出来事が組み込まれると、人間って不思議と心が顕れますよね。こういう雰囲気(@公園のベンチ)のなかで空を見ながら考えゴトとかするのって最高の贅沢だと思うんですけど、如何せん視界が悪くなるほどの大雪でしたからね(笑)
でも雪景色を見つつのスノースマイルはそれに匹敵するほどの贅沢でしたよ。

■クリスマス
何の予定もない聖誕祭は『映画を見に行く』のが自分の定番なのですが、今年は有馬記念(競馬)+M-1(お笑い)と重なってしまったため、不本意にも家で過ごしました。泣く泣くです、泣く泣く。

毎年じゃなかった数年ごとに思うのですが、クリスマスの過ごし方(一人で)ってどうすればいいんですかね?人それぞれ自分なりの過ごし方があるものなのでしょうか?
それとクリスマスを一人で過ごすのと、誕生日を一人で過ごすのってどちらがきついものですかね?個人的には誕生日なんですけど...一般的にはやっぱりクリスマスなのかな。

■M-1
別にお笑い好きではないんですが、一応世相には追いていこうということで毎年見ています。
今年はどうだろう、何か微妙なのバッカリだった気がするんですけどね。どのコンビもツッコミの方のしゃべりが早すぎて半分以上聞き取れないんですよ、自分には。客席が笑ってるから面白いネタなのかな~って感じで見ちゃってるんですよね。

もっと、洗濯物たたみながらでも楽しめるような笑いを期待していたんですけど...
[PR]

by philboc | 2005-12-27 15:08 | chat
2005年 12月 24日 *
実に5ヵ月半ぶりの投稿になります。
その間、一度たりともこのサイトを開くことはありませんでした。

何故そうなったのか?自分でもよく分かりません。
負担になるほど更新をしていたわけではないし、書くことがなかったわけでもありません。強いて言うのなら『自分の文章に偽りがあった』ってことですかね...

タイピングされ画面上に現れるコトバに、納得がいかないといいますか、疑問を持つような状態が続いていたので、長い間休止しておりました。

そろそろ潮時かな...とも思いましたが、ここは自分自身愛着があるところであり、ウェブ上で自身を表現できる唯一の場所なので、昔のように「音楽」というカテゴリーに縛られずに、徒然と自分の想ったコトバを素直にありのまま綴っていこうと思っています。

自分勝手なブログで本当に申し訳ございません。
更新停止後もここを定期的に見に来てくれていた方もいるようなので、この場を借りて謝らして頂きます。

雪降る日が続きますが、白銀の世界というのも悪くないですね。
それでは皆さん、メリークリスマス。
[PR]

by philboc | 2005-12-24 21:28 | chat